下関市歯医者、小児歯科、矯正歯科|子どもの歯の話【ノリヒロ矯正歯科なおみこども歯科】

HOME | 診療内容 | こどもの歯の話

こどもの歯について

こどもの歯について幼少時から注意すること、歯並びや乳歯の生え変わり、虫歯についてなど、子育て中の方が気になるお子様の歯について記載しています。参考になさってください。

乳歯の受け口(反対咬合)について

上あごと下あごの関係が常とは逆、つまり下あごが上あごより出ている受け口の状態を反対咬合といいます。 2才以前の反対咬合は、奥歯が完全に生えてなく、かみあわせが安定していないことによる一時的な反対咬合の場合があるので、奥歯がはえてしっかりかみ合う時期(3歳過ぎ)まで経過を観察します。
また、3歳児歯科検診で反対咬合を指摘された場合でも、乳歯の時期は治療を行わずに上の前歯4本が生え変わる8才くらいまで経過をみる場合がほとんどです。
しかし、下あごが側方にずれている場合など早期に治療を開始した方が望ましいこともあるので、3歳児検診などで指摘された場合は、一度信頼できる歯科医に相談されることをお勧めいたします。

子どもの発育とともに、虫歯のできやすい部位は変化します

成長発育をともなうお子様のお口の状況はたえず変化しています。それとともに虫歯になりやすく注意を要する部位も変化していきます。

1才〜2才

おっぱいや哺乳瓶による虫歯ができやすく、上あごの前歯の間が要注意です。取る前はガーゼや歯ブラシでしっかり汚れを落としましょう。

2才〜4

乳歯の奥歯がはえて乳歯のかみ合わせが完成します。奥歯のかみ合わせの面の溝の部位が要注意です。歯ブラシでしっかり仕上げ磨きをしてあげましょう。

4才〜6

奥歯の歯と歯の間が詰まってきます。そこが大変虫歯になりやすく、ほとんどのお子様に虫歯が発生してしまいます。糸磨きを併用しはじめましょう。子供用のホルダー付の小さいものがよいでしょう。

6才以降

6才臼歯が生えてきます。ゆっくり生えてきますので気づかないことが多く、歯垢も停滞しやすいので、しっかり歯ブラシを突っ込んで磨きましょう。

いずれの時期も予防に有効なのは質の高いブラッシングですが、歯科の先生に尋ねたい質問などありましたらお気軽にお尋ねください。フッ素と定期的な検診でさらに予防の効果が高まるでしょう。

6歳臼歯は大切です!!

第一大臼歯(6才臼歯)は、約6才くらいで乳歯の奥の歯茎がふくらんで歯の頭が出始めます。6才臼歯より前の歯は乳歯が抜けて生えてくる代生歯ですが、6才臼歯は歯の抜け替りなく生えてきます。 ですから生えているのに気がつきにくく、気づいたら虫歯になりかかっていることがよくあります。それは生え始めから完全に生えるまでの期間が約4ヶ月〜1年と長いうえ、歯ぐきがかぶっている期間も長く続き、歯の溝も深いためです。
また6才臼歯は永久歯の中で一番大きく、かみ合わせや歯並びの中心となる大事なです。 この歯が虫歯になったり欠けたりすると、かみ合わせが狂ってしまうことがあります。ですから絶対に虫歯にしてはな りません!!
6才臼歯は一番奥にあり、他の乳歯より一段低くな っているので歯ブラシを突っ込んでほっぺた側からブラッシングすると効果的です。歯医者さんで6歳臼歯の磨き方の指導を受けたり、フッ素塗布やシーラントといった予防処置を施してもらうとよいでしょう。

こどもの歯並びの治療は「早期治療」ではなく「早期管理」です

お母様方から「こどもの歯並びの治療は早めに始めた方が良いですか」との質問を受けることがよくあります。こどもの歯並びの治績は、何でもかんでも早めにするのが良いというわけではありません。何故ならば、こどもは大人と異なり、「成長発育」という時間軸が存在し、お口とその周囲の環境が常に変化するからです。
個人で異なる様々な顎の成長パターンや、更には精神面の発達も考慮に入れて、慎重に治療の必要性や治療開始時期を決定する必要があります。
ですから早期に治療ではなく、早期に信頼できる歯科医に相談し、管理してもらうのが、こどもの歯並びの治療においては重要だと思われます。 

こどもの歯の悩み

こどもの歯の悩みについて、歯並びや乳歯の生え変わり、虫歯についてなど、子育て中の方から質問される主なものをピックアップしています。参考になさってください。

Q:3才の子供です。転んで口の中が切れ、かなり出血しましたが自然に血は止まり、歯の揺れもありませんでした。しかし最近になって上の前歯2本が黒ずんできました。 永久歯の色は白く生えてくるのでしょうか。

打撲の衝撃で乳歯の神経が内出血をおこしたため、黒ずんだ可能性があります。感染をおこすと歯茎が腫れたり、永久歯の位置異常をおこしたり歯科の先生に尋ねたい質問などありましたら下記までお寄せ下さい。異常をおこしたり、永久歯の形成不全(着色)の原因になったりする可能性があります。歯科医院を受診されることをお勧めします。

Q:8歳の男の子です。乳歯が抜けてから、上の歯がなかなか生え変わりません。一応、歯茎には、もう歯の形が見えてきています。それがもう一年以上前からです。どうしたらよいでしょうか。

上顎前歯の生え変わりは平均7歳くらいですので、もし抜けてから6ヶ月以上生えてこないのならば過剰歯という余分な歯が邪魔をしていたり、炎症の影響で歯肉が硬くなり萌出の障害になっている可能性もあります。一度歯科医院を受診されてみてください。

Q:1日3回歯を磨いても、繰り返し着色します。ひどい時には、「虫歯?」と思われるほどです。歯磨き以外に、家でできる対処法・改善法を教えて下さい。また、予防する方法はありますか?

 歯の着色には大きく分けて2つあります。歯の外側の 着色と内側の着色です。歯が黄色い、茶色いなどと相談 を受けるほとんどが歯の外側の着色です。原因は、歯磨きが上手に出来ていないため、取れずに放置された歯垢が硬くなって歯の表面に付着することよって粗くなり、そこへ食品の色素などが沈着して着色します。予防としては、家庭での丁寧なブラッシングでほとんど防ぐことが可能ですが、一度付いてしまうとなかな か落ちませんし、ますますひどくなります。このような場合、一度歯医者さんに相談して取ってもらうとよいで しょう。

 次に、歯の内側の変色の原因についてです。歯が作られる時に、何らかの傷害や薬剤の影響で、エナメル質の 内部や、その奥の象牙質の部分におこる生まれつき着色。そして、歯の神経が死んだり、打撲による歯の内出血などによっておこる変色などがあります。これらの着色は容易にとることはできませんが、永久歯の場合、歯を削らずにホワイトニングをおこなうこともできるので、歯医者さんで相談してみてください。

Q:6才娘の歯のことで相談です。前歯が2本続けて抜け、そのうち1本は、程なく生えてきたのですが、もう1本が2ヶ月あまりたった今でも生えてくる気配がありません。このまま放っておいてもいいものでしょうか。前歯が1本抜けたままで、本人も食べにくいと言っています。

乳歯が自然にぬけてから6ヶ月以上永久歯がはえてこなければ一度歯科医院でみてもらいましょう。過剰歯という余分な歯が永久歯の生えるのを邪魔していたり、炎症を繰り返した歯肉が硬くなっていて永久歯が生えにくくなっていることがあるからです。

Q:5才の男の子です。前歯の歯茎の所に、膿をもっているおできみたいなものが出来ました。つぶれたり腫れたりの繰り返しです。前歯は軽い虫歯があります。進行止めは2年前ぐらいに塗りました。何が原因でしょうか?

乳歯の虫歯を治療せずに放置しておくと、やがて歯の神経に感染がおこり、歯の根っこの先が化膿し、歯茎から膿 が出ることがあります。このまま放置しておくと急性化してさらに腫れたり、その下にある永久歯が変色をおこしたりする可能性があります。放置せずに歯科医院でみてもら いましょう。

Q:5才の男の子です。最近、虫歯の治療で通っている歯医者さんから、「神経を抜きましょう」と言われました。まだ、乳歯なのにそこまでする必要があるのでしょうか。

どのような状況かは、見てみなければわかりませんが、歯科医に神経の処置が必要と言われたからには、かなり虫歯が深い状況と考えられます。 深い虫歯を放置しておくと、細菌に神経が侵されて痛みがでます。さらに放置すると、神経組織が死んでしまい、痛みは消えますが、細菌が歯 根の先から骨を侵し、膿んで腫れます。さらに放置すれば、乳歯の下の永久歯に影響が及び、着色したり、永久歯の細胞が死んだりします。乳歯の神経の処置をしても、永久歯の神経には影響はありませんので永久歯を守るためにも早めに処置をしてもらってください。

Q:5歳児です。歯科医で奥歯の永久歯が無いと言われました。この年齢でレントゲンに永久歯が写っていなかったら、今後永久歯が生えてくる可能性はないのでしょうか。

奥歯というと6歳臼歯のことだと思われます。6歳臼歯は、正しくは「第一大臼歯」といわれ、それが形成され始めるのは、生まれた時といわれています。つまり、生まれてきた時には、既にできている歯です。これが5歳児で認められないということは、ほぼ無いと考えてさしつかえないと思います。しかし、奥歯には第一大臼歯の他に第二大臼歯(12歳臼歯)、第三大臼歯(親知らず) がありますので、そのすべてが無いという事は考えにくいです。12歳臼歯は3歳頃、親知らずは7歳頃から形成され始めます。第一大臼歯が無くても、第二、第三大臼歯が代わりをすることができますので、奥歯が無い可能性があれば定期的に歯科医で管理してもらいましよう。

診察時間 月 火 水  木 金  土   日 
午前 10:00〜12:00 10:00〜13:00 8:30〜13:30
午後 14:00〜18:00 15:00〜18:00 午後休診

※月〜土曜日の最終受付は18:00です(日曜日は13:30)

 休診日は、診療カレンダーをご参照ください